天神祭ナビ

宵宮7月24日

本宮7月25日

その他

7/25 19:00~21:00at大川

ほうのうはなび

奉納花火

神様にお供えする天神祭奉納花火

船渡御の優美な水上パレードと合わせて打ち上げられるダイナミックな天神祭奉納花火は天神祭の一つの見どころ。
19時頃から21時頃までの間、川崎公園・桜宮公園の二地点から、打上げ花火を中心に約4000発の花火が奉納される。

大川の東岸エリア

JR桜ノ宮駅近くの桜宮公園中央広場周辺は、多くの屋台が出て大勢の観客がにぎわう。
特に、桜宮橋より北側は打上げ場所に近く迫力ある花火を見ることができるため、早い時間帯(16時頃〜)から場所取りが始まる。
桜ノ宮公園は広く、あらゆる場所から花火の鑑賞を十分楽しむことができるが、よりよい観賞場所を確保しようとするのであれば少し早めに行くほうがよい。
なお、桜宮橋の南側は打上げ花火が少し橋に隠れてしまうことから比較的すいている。
また人混みを避けゆっくりと観賞するのであれば、打上げ場所から少し離れた川崎橋の東側もいいかも。
それ以外のスポットとして、源八橋の東側や藤田邸跡公園前などがある。

注意 ~attention~

源八橋や桜宮橋など大川に架かる橋は交通規制がかかる18時頃から人が増えてくるのであまり移動しないほうが得策。
また、川崎橋は18時より通行止めとなるので注意が必要。

駅 ~station~

勧賞エリアとして人気の桜の宮公園から近いJR桜ノ宮駅は大変混雑する。
近隣のJR大阪城北詰駅や天満橋駅、さらにはJR大阪天満宮駅、地下鉄扇町駅は比較的利用が少なく、祭りの雰囲気を味わいながら歩くのもいいのでは。

・JR桜ノ宮駅
桜の宮公園や源八橋の最寄駅。
花火の打上げ場所から近く、桜の宮公園は屋台なども出るので最も利用が多い。
駅の西口は大混雑するので、比較的広い東口へ行くほうがよい。

大川の西岸エリア

仕掛け花火が見えにくい、場所が限られているなどの理由から、東岸エリア(桜ノ宮公園付近)と比べ人出はあまり多くない。
JR大阪天満宮駅やJR天満駅、地下鉄扇町駅などいくつかのアクセス地点があるので、比較的混雑しないのも利点。
西側エリアはOAP付近が観賞スポットとして中心となる。

・OAPタワー周辺
打上げ場所のほぼ正面に位置するので迫力ある花火が観賞できる。
階段に座って鑑賞できるので楽だが、仕掛け花火は見にくい。

・レジデンスタワー東側の公園
花火の打上げ場所から近く迫力満点の花火観賞ができる。
階段状の半円形広場になっているので座りやすい。
ただし早い時間から人で埋まってしまうのでご注意を。

・源八橋の西側公園
屋台が立ち並ぶエリアだが、対岸の打上げ花火も十分観賞可能なスポット。

注意 ~attention~

OAPの川岸側広場は花火の直前時(19時頃)になると歩いて通れないほど混雑する。
また、事故防止のためシートなどを使って場所取りをするのは禁止されているので注意を。
芝生は立入禁止のため、観覧場所を確保するには早めに来るのがベター。

アドバイス ~advice~

船渡御と奉納花火の両方を鑑賞できる隠れたお勧めスポットは、都島橋、飛翔橋周辺の両岸あたり。
視界を遮る障害物も少なく、大阪城のライトアップも遠く見えることもある。

駅 ~station~

・京阪/地下鉄 天満橋駅
京都方面や中之島方面からのアクセスに良い駅。
船渡御の観覧席に最も近い駅でもある。

・JR大阪城北詰駅
穴場的な便利な駅。大川のすぐ東に位置している。
藤田邸跡公園前や太閤園にも近く、神戸、宝塚方面からのアクセスにもグッド。

トピックス ~topics~

あなたの花火あげてみませんか?
大阪天満宮では、奉納花火の協賛を募集している。
一発5,000円の協賛で、記念品として花火玉のレプリカがもらえるだけでなく、大阪天満宮の境内にしっかりと名前が掲げられる。
申込は大阪天満宮社務所(TEL.06-6353-0025)まで。

*コラム* 「花火奉賛会」

フジオフーズシステム 藤尾社長を会長として平成19年に結成された花火奉賛会。
この会に所属する法人会員は、伊藤忠商事、サッポロビール、近畿コカコーラボトリング等、大手企業が多い。
この花火奉賛会からの奉賛によって、花火打上げ数4000発となっている。

【桜宮公園側の花火】

【川崎公園側の花火】

【写真ギャラリー】

7/25 20:30at天満宮

もよおしだいこみやいりかいし

催太鼓の宮入開始

まだ船渡御が大川で行われている最中の午後8時過ぎ、催太鼓は陸に揚がり大阪天満宮まで宮入に向かう。
これに続き、続々と下船した渡御列は名残惜しみながら大阪天満宮に次々と宮入していく。
御鳳輦の宮入で御神霊が御戻りになると、いよいよ最後の神事「還御祭」が執り行われる。

7/25 22:30at天満宮

かんぎょうさい

還御祭の斎行

大阪天満宮本殿で斎行される神様が御帰りになる「還御祭」が終わると祭りは収束に向かう。
賑やかな境内も日付が変わる頃になってようやく静けさが戻ってくる。

本サイトに掲載の記事ならびに写真の無断転載・複写を禁じます。
Copyright (C) 2010 tenjinmatsuri. All Rights Reserved.

後援:大阪天満宮
運営:天神祭情報サイト事務局 e-mail:info@tenjinmatsuri.com(アリエリンクス株式会社 http://arielinks.co.jp
記事掲載、広告掲載、協賛等のお問い合わせはこちらから