天満天神七夕祭

7/7
15:00~21:00 at大阪天満宮

てんまてんじんたなばたまつり

天満天神七夕祭

平成7年7月7日、約400年ぶりに天満天神七夕祭が復興された。
この日、大阪天満宮の本殿では天満宮創祀にまつわる「七本松伝承」にちなみ「松の御供」を供えるとともに、7月24日の鉾流神事で使用する「型代(人型)」などが供えられる。
境内には夜店なども出て天神橋筋商店街が主催する「星愛七夕まつり」も開催される。

同境内に設けられた大きな茅の輪をくぐると疫病や罪穢れが祓われるという夏越の祓えの「茅の輪くぐり」。
本殿前の大茅ノ輪を第一茅ノ輪とし、星合池鳥居の第七茅ノ輪に至る本殿東側の通路に茅ノ輪五基、合計七基の茅ノ輪を設置し、各々に「恋愛成就」・「学徳向上」・「心身健康」・「商売繁盛」・「厄除」・「交通安全」・家内安全」の願意が込められている。

<当日スケジュール>

15:00 天満天神七夕祭
        一般の方も参列可能。

16:00 七夕笹神楽奉納
        御願い事短冊を奉納、巫女が小笹を持って神楽を舞う。

20:00 諸願成就祈願祭
        参加無料の集団ご祈祷を本殿前庭にて行う。

20:20 七つ茅ノ輪くぐり
        神職巫女が先導して7つの茅ノ輪をくぐり星合池まで進む。
        そして、池にお招きしてある「七夕姫大神」にお祈りを捧げる。

*コラム* 星合の池(ほしあいのいけ)

天暦三年(949年)に天満宮が御鎮座になった時、この池水に霊光が映ったと伝承されている。天正二年(1574年)の石山軍記に「天満山の北、明星の池、星合の池の間、少し北に属し、織田信長本陣を布き」と録していることから、少なくとも千年以上の歴史を持つ古池である。
なお、付近に七夕池、明星池、夫婦池等が明治年間まで現存していたことは昔「難波碕」の付近に残った沼沢の名残であると思われる。
昭和の初めまで池には「宇賀の社」があり、紅梅紫藤が咲き乱れ、付近には歌舞伎を常打とした天満八千代座、浪花節の国光座、吉本興業発祥となった天満花月吉川館などの寄席が隣接していた歓楽街であり極めてにぎやかであった。
池に架かっている「星合橋」は一名「愛嬌橋」とも言う。
当時適齢者の「見合」が行われたからである。
また、池畔にあった白米稲荷に因んだ「いなりずし」は参詣者に賞味され有名であった。
(大阪天満宮より)

*コラム* 「天満天神七夕祭」の復興

平成7年7月7日、大阪天満宮本殿において「天満天神七夕祭」が復興した。
当宮の七夕祭は、早く飛鳥時代に、当宮大将軍社で始まったものだが、平安末期以降は、7月7日の天神祭として受け継がれた。
しかし、戦国時代の戦乱で中断された後、天神祭は菅公生誕の6月25日に祭日を移し、純粋に菅公の徳を偲ぶ祭儀・祭礼として復興され、七夕祭としての伝統は途絶えたのである。
このように、天神祭よりも古い歴史を持つ「七夕祭」を、平安時代の宮中の乞巧奠(きっこうでん)や北野天満宮の御手洗祭(みたらしまつり)などを参考にし、明治以前の作法などを組み入れて400年ぶりに復興した。
祭儀では、当宮創祀伝承中の「七本松」伝承にちなんだ「松の御供」を供進するとともに、鉾流神事に使用する「人形(ひとがた)」など祓具(はらえつもの)を御供えすることにより、天神祭の前儀としての「七夕祭」の位置づけを明確にしている。
(参考文献:「てんまてんじん」)

行事インフォメーション

日時 7月7日 15:00~21:00
場所 大阪天満宮
行き方 JR大阪天満宮駅/地下鉄南森町駅から徒歩5分

大阪市北区天神橋2丁目1番8号




宵宮7月24日

本宮7月25日

その他

tenjin_matsuriをフォローしてください
プロマート
Translate »
Top