山蔭流儀式庖丁奉納

大阪天満宮の本殿では山蔭流庖丁道継承会(大阪の調理師組合)が儀式庖丁と真魚箸を使い、山陰流の作法で神様に魚を調理奉納する「式庖丁」が行われる。
この日、鰹と鯉の2台を奉納される。