2021年度の天神祭について

本年度天神祭斎行の計画については、「花火は実施せず、陸渡御・船渡御を最小規模にて実施する」旨の基本的な方針に基づき、1月以降、常務会及び講元会合等において鋭意検討が重ねられ、4月15日の常務会において「大阪府下のコロナ禍による緊急事態宣言が解除され外出自粛要請も解除されている社会情勢であること」を前提として、「万全の感染防止対策を講じた上で、参加を希望する14講社による陸渡御を経路短縮により実施すること及び御鳳輦奉安船とそれに随行する協賛会の供奉船1船のみによる船渡御を経路短縮により実施することとする」等の提案がなされました。
しかし、その直後頃から大阪府下におけるコロナウイルス新規感染者数が急増し1日あたり1000名を超える日が続く深刻な事態となり、4月25日からは蔓延防止等重点措置に代えて緊急事態宣言が発出されるに至り、上記方法による天神祭の斎行は困難と判断される社会状況となりました。
これを踏まえて、上記計画を再考することとし、5月6日の常務会において、本年度の天神祭は下記の基本方針に従って実施する旨の提案がなされるとともに、その具体的な内容に関する「第二次計画案」も作成され、これを実行委員会、委員総会の議題として提出し、それぞれの会の書面による決議を求めることとなりました。
その結果、5月19日、以下のように決議されましたので、ご報告申し上げます。

「基本方針」
1.昨年と同様程度の「神事」は斎行する。
2.「花火」は実施しない。
3.「陸渡御」は実施しないが、神霊移御の儀・遷幸之儀・還幸之儀・本殿における還御祭を、「神事」として斎行する。
4.「船渡御」は実施しない。

「計画概要」
7月24日
・宵宮祭(本殿)
・鉾流神事
・行宮宵宮祭(西区千代崎)

7月25日
・本宮祭
・仮御旅所祭(神霊移御の儀・遷幸之儀・還幸之儀)
・還御祭(本殿)
閉門時刻:両日とも午後6時半(平常時刻)

※すべて神職及び関係者のみで斎行いたします。
一般の方の参列・見学はされない様にお願いいたします。
新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ご理解ご協力をお願いいたします。

※本年度はライブ中継配信の予定はございません。

【本件に関するお問合せ】
天神祭渡御行事保存協賛会事務局
大阪天満宮社務所

岸本政夫・柳野等・三宅隆
〒530-0041大阪市北区天神橋2丁目1番8号
電話06-6353-0025

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tenjin_matsuriをフォローしてください
プロマート
Translate »
Top